結婚式場のお役立ち情報がいっぱい!

やさしいふたりの結婚式場選び

このサイトでは、バリアフリーな結婚式場の選び方をご紹介しています。
今挙式会場に求められているのは、エレベーターの有無や車椅子貸し出しサービスなど、高齢者や障害者に対応できる設備です。
なぜなら、ウェディングイベントに呼ぶゲストは高齢の親族も多く、不便な会場を選んでしまうと出席自体断られてしまうこともあるからです。
また、子連れ参加のママ、パパも多いため、赤ちゃんを連れていきやすいかどうか、授乳室があるかどうの問題も見逃せません。
現実的に直面しやすい問題をピックアップしているので、会場選びの参考になるはずです。

バリアフリーな結婚式場の選び方

バリアフリーな結婚式場の選び方 バリアフリーの結婚式場はかなりおすすめです。
高齢者から赤ちゃんまで、ゲストの年齢は幅広くなります。
つい自分と同世代の友達目線だけで結婚式場を決めてしまうと、インスタ映えはするけれど当日になってトラブルが続出し、対応に追われることにもなりかねません。
まずは参加者の年齢や条件をピックアップし、車椅子の貸し出しサービスの有無やエレベーターは使用可能かどうか、など会場の設備面をチェックしましょう。
また、赤ちゃんを連れているゲストもいるはずなので、授乳室の有無はもちろん、口コミでスタッフの方の対応サービスも調べておくと安心です。
最近はキッズルームなども完備している会場があるので、子連れゲストが多い場合は検討してみて下さい。
バリアフリーの会場を選ぶと、呼べるゲストの幅がかなり広がり、後々「良い式だった」と語り継がれる可能性が高いでしょう。
やはり呼ばれる人間の気持ちに沿った選び方が大切です。

結婚式場にスロープは設置出来る?正しい選び方とは

結婚式場にスロープは設置出来る?正しい選び方とは 人生に一度きりの結婚式だからこそ、自分にとって大切な人や親類には来てほしいと思うものです。
しかし、式に呼ぶ人の中にご高齢の方や車椅子の方がいる、ということはありませんか。
結婚式場に来たものの、中に入るのが大変となった場合、良い気持ちはしないでしょう。
出来ればスロープを設置するなどの配慮をしたいものです。
結婚式場の中には、事前に依頼をすることでスロープを設置してくれる場所があります。
式場の選び方にはいろいろな方法がありますが、出来ればこうした細やかな気配りを行える結婚式場を選びたいものです。
また、スロープを設置することで高齢の方だけではなく車椅子の人も、出入りが楽になります。
設置すればそれだけで問題なし、となるわけではなく設置の方向などで段差が発生したり、かえってトラブルの原因となることもありますから、注意が必要です。
結婚式場の下見の際には、入り口にこうした介護用の設備を設置できるかを確認すると共に、入り口以外の場所に急な段差や危ない場所がないかをチェックする必要があります。
もし危険な部分を発見した場合は、ウェディングプランナーの方や式場の担当の方に相談して、解決する方法を提示してもらいましょう。

神戸の結婚式場について詳しく知りたい

神戸には素敵な結婚式場がある